①ロングアイランドパークってどういう場所?

前の記事から引き続き、歩くとようやくお題目のロングアイランドパークに到着しました!

ロングアイランドパークって名前しか知らなかったから、
実は2回もこの看板に気づかずに通り過ぎて迷子になってしまったけれども(笑)

はてさてロングアイランドパークは一体どんなところなのだろ~~

 

 

公園内には植物もいくつか見られて、育っている木にはもれなくツタ?のような植物がグングン這っていて南国感が出てました。

 

 

ネットでいくら調べても名前が出てこない黄色い花もあった
僕が代わりに命名しよう!
その名も『黄色い7つのスコップ』
編集部※『何その7つの大罪みたいなノリの名前!!』

 

 

こっちはイソクラ・コッキネアっぽい花、あってるのかな?(笑)
こういう風に花が密集してるのって珍しいですよね~

 

こっちは確実にブーゲンビリア!!!( ゚Д゚)
ピンクの部分って花なのかな?葉っぱなのかな?

 

 

ロングアイランドパークの真横は浅い入り江になっていて流れがあまりないので小さい子供でもゆったり泳げる感じでした。海中をのぞくとあちこちで魚が泳いでいるのも見えたのでシュノーケリングにも期待できそうです!!

 

②公園の中をぐるぐる

公園の一番奥まではたったの100mくらいかな?
奥にはめっちゃでっかいイカリ⚓のモニュメント?と休憩にちょうどいい小屋がありました

 

 

ヤシの木よりも圧倒的にでっかいイカリ・・・
いったいどんな船がこんなのをつかうんだろ・・・
収納しにくそうな形しているし・・・

 

 

小屋の中ではすでに雑談しながらゆったりしてる人たちがいました。
ゆったりしてる時間ってなんかいいですよね(*´▽`*)

 

 

イカリのすぐ右にはイスがタイヤの皮で出来たブランコがありました~
編集部※『タイヤの皮ってなんやねん! てか片方壊れてるし💦』

 

 

気を取り直してさっそく海にでも入ろうかね、
なんかこの防波堤?が崩れかかっていて味があって好き(^O^)/
でもどうみてもわざと壊したとしか思えないような壊れ方・・・
コンクリっていくら劣化したとしてもこんな風に割れないでしょ!?
まさか・・・・
妖怪のせいか!?(笑)

 

 

そんなくだらないことを考えているうちに先超された💦

 

 

こうはしていられない早く飛び込みたい!!

 

 

と思っていたら後ろから『まつり』と呼ぶ声がして振り返ったらかわいいお姉さんがいた・・・

って誰?(笑)

会ったことないんですけど、なんで名前知ってるの?💦

君の名は・・・

もしかしてこれが・・・

ディスティニーーー!!!
編集部※『はい、バカですね』

んでよくよく聞くとピースボートのCCさんだということが判明(゚Д゚;)
なるほど道理で名前を知ってるわけだ💦

 

※ちなみにCCさんっていうのはCommunication Coordinatorの略で、主にピースボートの船内のイベントや講座とオプショナルツアーで日⇔英⇔中⇔韓⇔西語の通訳をしたり、異なる言語を話す人同士の橋渡しをする仕事をするスタッフです。
学生さんや社会人の方もいて、日⇔英や日⇔中や英⇔韓etc…それぞれの得意とする言語を担当して通訳してくれます。
中にはクルーズ中にさらに新しく違う言語を話せるように勉強しているすごい人もいました!
参考までに通訳として世界一周したいっていう人はピースボートセンターに連絡してみるといいかもしれません!(^O^)/

③パラオでシュノーケリングスタート!

そしてさっそく海に入ってみると足元にまでサンゴが群生していました!!
公園の奥のほうで入ると船の通り道が近いようで流れがちょっと強かったので透明度はちょっと下がってしまっていたけれどそれでも十分楽しめる感じでした。

 

 

黄色い魚の群れが通り過ぎていったかと思えば

 

 

地味な色したホソスジマンジュウイシモチのペアがデート中♡
ちっリア充め
編集部※『魚に嫉妬するなよ💦』

どうでもいいけどホソスジマンジュウイシモチを漢字で書くと細筋饅頭石持ってなんだか弱いのか強いのか分からん名前で面白い!

 

 

ヒレナガハギ(上)とミスジチョウチョウオ(下)にも遭遇~
ってかこの魚たちどこの海でもいるんだね
日本で見たことがある魚を海外で見るとほんとに魚には国境なんてないんだな~って感じる
世界中に親せきがいるのね

 

 

こっちにもよく見るデバスズメさんの大群(笑)
もうおとなしく沖縄で泳いでればいい気がしてきた(笑)

 

 

でもって急に目の前に誰かが投げたパンが落ちてきたかと思ったら
一斉に群がるデバスズメ達!!
うん、おいしいよね、パン・・・(ー▽ー);

 

 

そして足元をみると岩と岩の隙間に住んでいるシャコ貝もいました。
サファイヤよりもエレガントで鮮やかな青色をしているように感じるのは僕だけだろうか・・・

 

 

シャコガイを眺めていたら海中に人の声がこだましてきたので来たので見上げるとCCさんが増えてた(笑)
いつのまにこんなにいたの!?
むしろ気づかなかっただけで最初からいた?(笑)
それにしてもこのタイミングで写真を撮ってってお願いされるとは💦
泳ぎ続けてないと潮に流されるってのに立ち泳ぎがうまくできるわけもなく撮りながらぶくぶく沈んでいく僕を笑ってみてる君ら楽しそうやな(笑)
いつか沈めてやる(笑)
編集部※『よしなさい💦』

よくよく聞くと今からランチに行くのだそう!

ということでせっかくのお誘いだから一緒にランチに行くことにしました~~

 

 

続く

カテゴリー: パラオ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。