久しぶりの投稿・・・もはや2カ月ぶりになってしまったけど💦
やめたわけじゃないです!!ほかにやりたいことがあったから!

※編集部『それを言い訳というんだよ!』

そりゃ生きてりゃ言い訳の2カ月送りくらいでてきますよ~
それが人生

※編集部『出だしから先が思いやられるぜ(読者目線)』

まぁまぁまぁ今回書くのは前回の最後に触れた通り動物の親子についてということで、
同じくクルーガー国立公園で見つけたシーンをお見せしていきたいと思います。

 

 

1番目はこの2匹の猿の親子~

名前はベルベットモンキーというそうです!
ベルベットって響きがかっこいいですな✨

ベルベットモンキーの大人と子供の見分けるポイントは顔です!もちろんサイズ感とか体毛の長さとかも違うんだけれどね(笑)
上の写真を見ると顔が真っ黒なのに対して、下の写真では真っ白な顔で表情まではっきり見えてます!(#^^#)
なんで大きくなるにつれて顔の色が変わるのかは分からないけど大人になったベルベットモンキーの方がスタイリッシュな感じでかっこいいっすね✨

 

 

続いても猿!とは言ってもこっちはヒヒです~

他のサルと比べても鼻先が長くて険しい顔つきですな~
実際ヒヒの噛む力は強いそうなので猿だからって間違っても安心して近づかないように💦

この時はまだ雨が降っていたんだけど木の下に隠れずに抱っこしたまんま座ってたり、毛づくろいしてたりと割と平和な光景を見ることが出来ました。

 

 

これは帰り道の途中で見つけたアフリカゾウの食事風景
もう見ての通り葉っぱが残ってない(笑) 器用に葉っぱだけむしり取って食べることが出来たとは・・・と思っていたら足元で・・・

 

 

小僧たちがじゃれ合ってた!!(*^▽^*)

※編集部『そこは子ゾウだろ!!』

鼻短ーーーい!

足短ーーーい!

眼ちっちゃーーーい!

もうしわくちゃーーー!

※編集部『えっディスってます?ディスってますよね?怒られるで?』

人間に言ったら怒られるからゾウの時ぐらいいいじゃん!💦

※編集部『あかーーーん』

炎上してバズればいいのに

※編集部『フォロワー0のこのブログがバズることはない(笑)』

もうどうにでもなれこれでもくらえ(# ゚Д゚)

 

もうただただ可愛いだけのゾウの知恵の輪w
混ざりたい・・・あの中に混ざれば可愛いポイントが急上昇するに間違いないはずなんだ💦

あ~~可愛い~~♡

 

 

もうそろそろクルーガー国立公園の出口に差し掛かるぞってところで現れた7匹のイボイノシシ親子たち~

イボイノシシの親子は移動するとき一列になって走ることから別名『サバンナエキスプレス』ってかっこいい名前で呼ばれてるらしいです(笑)
だからこの場合はたぶん7匹じゃなくて、7両編成サバンナエキスプレスって表現が適切かもしれない(笑)
地元の駅に止まらないかな~?
いつも成田エキスプレスが通過しちゃうから代わりに止まってほしい(笑)

 

ちなみにディズニーのライオンキングに出てくるプンバァのモデルになったのもこのイボイノシシらしい、実写化する人がいればこちらを参考資料にどうぞ(*´ω`)

※編集部『だれがつかうんじゃ』

 

そうこうしている間に特急サバンナエキスプレスに追い抜かれてしまった💦
いつのまにか子供が先頭車両になってるし尻尾ピーン!してるし可愛すぎですか(・∀・)☆

生で見るともっとテンションが上がること間違いなしなので、
アフリカによる機会があれば一度見に行ってほしいクルーガーでした~~

クルーガー編はこれにて終わりで~す。

カテゴリー: 南アフリカ共和国

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。